春日南スーパーエンジェルズ (ミニバスケット)

春日南スーパーエンジェルズ(ミニバスケット:女子)の近況報告
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ コンテナ3TOPその他 ≫ コンテナ3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

コンテナ3

2014/04/17

ネタ切れの為、コンテナ関係のお話でお茶にごし(^.^)

前回のコンテナのお話の時、ベッセルプランって言うのがあるって書いていましたが、その説明をします。

ベッセルプラントは、コンテナを船に積む時のプラン(予定)を行うシステムです。
ベッセルとは船の事です。

コンテナ船には山ほどコンテナが積んであります。
船内と船上複数段、複数列積まれているため、効率よくコンテナを積み下ろししないと時間ばかり立ってしまいます。

コンテナ船は航路をずっと回っています。
例えば、博多→大連→台湾→博多 のように。
このため、コンテナ船のコンテナを博多で全て下ろす訳ではありません。

博多で積んで、台湾でおろす。大連で積んで、博多でおろす。
このように、コンテナは、おろす場所が違うため、何も考えずにコンテナを積んでしまうと、博多でおろすコンテナの上に大連でおろすコンテナが3本上に乗ってしまうなど、大変な事が発生します。

上の3本を移動させて始めて博多でおろすコンテナにたどり着ける事になります。
こんな事をしていたのでは、時間の無駄になるため、航路を考えながら積み付けを行う必要があるんです。
このプランを組むのがベッセルプランです。

また、大きな船ではクレーンを2台、3台と使って作業を行う事があります。
この場合、隣のクレーンとぶつからないように制御する事も行います。

船のバランスを考えてコンテナを積んだり、航路を考えて積んだり、クレーンがぶつからないように考慮したり。
結構コンテナの積み下ろしをするだけでも大変なんですよ(^.^)

ここで専門用語。
コンテナの積み下ろしを行うクレーンの事をガントリークレーンといいますが、日本ではこれを「ギャン」と言って、2台のコンテナを使う時などは、「次の船はツーギャンだから」などと表現しています。
「ツーギャン」とは2台のガントリークレーンを使うという意味です。

長くなったので今日はここまで。
ネタが切れ気味なので、またすぐコンテナの話があるかも・・・
ご勘弁(~_~;)


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。