春日南スーパーエンジェルズ (ミニバスケット)

春日南スーパーエンジェルズ(ミニバスケット:女子)の近況報告
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 飛行機5TOPその他 ≫ 飛行機5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

飛行機5

ネタが思い当たらなかったので、飛行機ネタ。
俺は意外と飛行機好き、でも最近出張がめっきり減ったので、長い事乗ってない。

前回の続きで、翼の先端が垂直に立っている翼の話。

ジェット機の翼が後退翼になっていると話しましたが、後退翼には欠点もある。
揚力を得るためには、翼の前から入った空気の層がまっすぐ翼の後ろに抜ける必要がある。

揚力の原理を文字だけで表現するのは難しいな。
簡単に言うと、翼の上面は少しふくらみを持っているが、下面は平べったい。
翼を前から後ろに空気の層が通る時、翼の上面を通る空気と、下面を通る空気は同じ時間で通り抜ける。

しかし、翼の上面はふくらんでいるので、下面を通る空気よりも長い距離を通り抜ける。
でも同じ時間で通り抜ける。
ココがポイント。

この距離と時間の関係で理解できるか否かだけど、翼の上面の方が空気の速度が速くなるので圧力が下がり、翼を上に持ち上げる力が働く。
この力を利用して重たい飛行機を浮き上がらせるんだ。

しかし、後退翼では前から入った空気が翼にそって斜め(翼端)方向に流れやすい。
速度が遅い時ほど空気が斜めに流れるので、低速時に翼端失速を起こしやすいんだ。

この翼端失速を抑える効果があるのが、翼の先端が垂直に立っている翼なんだ。
空気の層が斜めに流れて、揚力が下がるのを抑止するって寸法だ。

それと、翼端は空気の層が乱れやすい。
渦を巻くような現象が発生するんだけどこれを抑える効果があり、抵抗が減る分、燃費向上に繋がるんだよ。
後付けの飛行機もあるらしいぞ。

飛行機っておくが深い。
そりゃそうだよな、あんな大きくて重い物体が飛ぶなんて、信じがたいよな。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。