春日南スーパーエンジェルズ (ミニバスケット)

春日南スーパーエンジェルズ(ミニバスケット:女子)の近況報告
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 飛行機4TOPその他 ≫ 飛行機4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

飛行機4

ネタ切れで、飛行機ネタ。
俺は意外と飛行機好き、でも乗るのが好きと言うわけではない。

今回は、前々から予告していたジェット機ネタ。

ジェットエンジンによる飛行機は、第二次世界大戦中にドイツで開発された。
大戦末期には実践投入されている。
この頃のジェット機はまだ音速(1225KM)を越えていない、亜音速ってやつだ。

ドイツで開発されたジェット機には既に後退翼が施されていたが、この頃の後退翼はまだ不完全で機能していたとはいえない状態だったらしい。
しかも燃費が異常に悪かったため、まだまだ使える代物ではなかったんだ。

そしてドイツは連合軍とソ連から挟み撃ち状態で攻められた。
ドイツが陥落するとアメリカとソ連はジェット機の資料の奪い合いになったんだよ。
数年後アメリカとソ連はジェット戦闘機の実戦投入をする事になる。


後退翼とは八の字の形をした翼と思えばいい。
現在の旅客機は全て後退翼だね。

プロペラ機の時代は胴体に垂直に翼が付いていたけど、浮力だけを考えるのであればこの形状がベストなんだ。
音速を超える時(超音速)、後退翼である必要があるんだよ。

音速を超える時、衝撃波に機体が襲われる。
この衝撃に耐える事ができるのが後退翼なんだな。

あーそれからついでにもう一つ。
最近の旅客機の翼の先端が垂直に立っているのを見かけるだろ。

これには深い意味があるんだよ。
ん~長くなったので、この話はまた今度。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。