春日南スーパーエンジェルズ (ミニバスケット)

春日南スーパーエンジェルズ(ミニバスケット:女子)の近況報告
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 飛行機2TOPその他 ≫ 飛行機2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

飛行機2

ねた切れなので、飛行機ねた。

日本で製造販売された飛行機(郵送機)にYS-11がある。
これは大戦後、日本の航空機関連の全てが軍需に当たるとして、研究、製造を禁止された後、朝鮮戦争で軍事物資調達の為に、再開された航空機技術を結集して製造された飛行機でした。

出来上がった試作機では3舵問題が発生し、安定した飛行ができていなかった。
そこで、大戦中に飛行機の設計を行っていたドリームチームが呼ばれ、対策を検討した結果、主翼角を変更する事が試される事になった。
イメージとしては、機体の下から楔(くさび)を打ち込み翼端を上に持ち上げるように変更した。

この変更で3舵問題が解決、アメリカの航空局でテストを行う事になった。
テストではアメリカ人パイロットが乗り込み、いきなり離陸決心速度(V1)で片方のエンジンを停止、乗り込んだ関係者は肝を冷したそうだ。

日本が作った輸送機としてなかなか売り込みが大変だったらしいけど、エンジンがロールスロイス社製のターボプロップであったため、エンジンの信頼性からぼちぼち売れて行ったらしい。

当初問題が一つあって、整備がしにくい飛行機だったそうだ。
ボーイング社などは経験が豊富であったために、整備を行うための開口部や、マニュアルがきっちり整備されていたらしいけど、YS-11はその点が不備であったそうな。

飛行機好きな俺、次回ねたがなくなった時はジェット機に関する事でも書くかな^^
ジェット機のキーポイントは後退翼だ!



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。